2011年10月05日

脱毛症の治療薬

かつらは、脱毛症の頭皮をカムフラージュするのにいい方法ですが、他にも手段はいくつかあります。
増毛とは、残っている髪の毛に人工的に作った毛をくっつけて、毛の量を増やす方法です。

自分の髪が伸びれば、くっつけた人工の毛を付け直さなければならないので、メンテナンスに手間がかかる面があります。
自分の髪の毛が抜けてしまえば、くっつけていた人工の毛も一緒に抜けてしまうデメリットもあります。

脱毛症への対応は、思うようにいかないということが多いといいます。
医師から脱毛症について治療効果がある薬を出してもらうことがいいかもしれません。

この頃では目を見張る勢いで医学は進んでおり、脱毛症に関しても治療ができるといえるような医薬品も存在しています。
最近よくテレビなどでも宣伝しているリアップなどの育毛剤です。

その中でも薄毛の治療ができるものという扱いをされている商品に、ミノキシジルを使っているものがあります。
ただし、脱毛症の治療効果があるものと見なされているのではなく、症状を改善する作用が期待されています。

発毛や育毛に対しては、やや確実性に乏しい点もあります。
繰り返し使うことで今まで薄くなってきた部分にも、徐々に髪の毛が増えてくると言われています。

フィナステリドという物質を配合することによって、脱毛症の治療ができるという医療施設もあります。


http://www.atrium-co.jp/cleansing/fancl.html

ジョンマスター レビュー

クレンジング



Posted by plusone555 at 08:11 │脱毛