2011年12月13日

にきびケア

にきびケアをしていますか。
にきびは10代からはじまり1つ、2つの可愛いものから、顔中できてしまうものまで様々なにきびがあります。

にきびケアに失敗してにきびを悪化させてしまったという人も案外と多く、肌タイプに合わせたにきびの処置は意外と大変です。
にきびケアは原因や肌質によっても違うものです。

他の人には合っていても鵜呑みにせず、自分にあったにきびケアをしましょう。
中学生から高校生にかけてできるにきびは、肌からの脂質が多く分泌され、雑菌の温床となって肌に炎症を引き起こすことが要因だといいます。

にきびが10代に入ると増えるのは、ホルモンバランスの変化によるものだといいます。
20代以降のにきびは大人にきびと呼ばれ、原因は乾燥や水分不足などそれぞれです。

肌が年齢の影響で変化することも、20代以降にできるにきびに関わっているようです。
にきびのケアをする時には、アクネ菌について理解しておくようにしましょう。

アクネ菌とは毛穴の中に潜んでいる菌で、にきびの原因の一つです。
アクネ菌は皮膚の脂の分泌が活発になると増殖して炎症を起こし、赤いにきびが出来ます。

赤にきびは時間が経つと白い膿になります。
膿を無理に出したり炎症を起こした皮膚を下手にいじると、にきび跡とされる痕跡ができる場合があります。

にきびができても無闇にいじらず、にきびの原因となった状況に対する対策を取ることがにきびケアになるといいます。


あきゅらいず

ウド洗顔石鹸

ヒゲを薄くする方法


同じカテゴリー(スキンケア)の記事
 顔のたるみ (2011-04-28 11:06)
 ヤマサキの価格設定 (2010-11-24 12:07)
 エステで行われるフォトフェイシャル (2010-06-11 08:42)
 フォトフェイシャルで美肌治療 (2010-06-10 12:57)

Posted by plusone555 at 08:48 │スキンケア